炭酸パックのやり方

炭酸パックのやり方

炭酸パックのやり方は簡単です。まず、使用する前に顔をキレイに清潔にしておきます。メイクオフをして洗顔します。皮膚が汚れていては、炭酸パックのガスがうまく浸透しなくなるので、顔をキレイにしておきます。炭酸が活発に働くようにするには、顔の肌の温度を下げておく必要があるので、炭酸パックを冷蔵庫で冷やしておくとよいです。長時間にわたって炭酸パックすると肌がふやけてしまうので、時間は5分程度にします。洗面器に炭酸水を入れて、シュワシュワが消えるまで息継ぎしながら顔を浸すと言う方法でもかまいません。炭酸パックが終わったら、しっかり洗い流すうようにし、パック後は、化粧水でたっぷりと保湿します。炭酸パックをすると、炭酸ガスが肌に直接働きかけてくれるので、新陳代謝を良くすることができます。新陳代謝が促進されて、皮膚細胞が活発に働くと、保湿機能をアップさせることができます。パック内の炭酸ガスが毛細血管から血液内へと溶け込むと、二酸化炭素濃度が上昇するので、体は多くの酸素を取り込もうとします。そうすると血管を拡張するので、血行が良くなり、肌細胞への酸素供給量が増加して、肌のしわやたるみ改善につながるのです。http://xn--cckdn2e3ch0mydbw5p.com/