バンド、たまを覚えていますか?

1990年、イカすバンド天国から人気が出た、「さよなら人類」のたまで、当時の人気はすぐになくなり、もう解散してます・
今は個別で活動してますが、4人全員が作詞作曲出来ますので、それぞれで強烈な個性で存在感を残してるのです。
「さよなら人類」や「オゾンのダンス」を作った柳原陽一郎は「drivethrough、America」と英語の曲も出してて、たまの面影はありません。
石川浩二の「冥王星」の曲調を芸人、ピーナッツバターが引用していたように、この曲はもっと活用してほしい曲なんです。歌詞はどうでもいいです。
他に「ラッタッタ」もお勧めで、「冥王星」同様、歌詞は無視して曲調が面白く、いろんなパターンで使ってほしい曲です。
ユーチューブで1度聞いてみてください。

シミウスを楽天よりお得に買う方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です